在宅福祉サービスの実施


給食サ-ビス

1.給食サ-ビス (平成31年4月1日要綱改正)

『介護が必要で調理が困難な方』にご利用いただくため、事業要綱を改正した、新たな宅配給食サービスを開始します。

申請窓口:佐呂間町社会福祉協議会 ℡2-3732

 

宅配日

毎週火曜日と金曜日 16時~17時の間に宅配

※月末木曜日は、調理業者のご好意により無料で

 お届けします(若佐方面は月末土曜日です)

対象者

新たな対象者(平成31年4月1日より)

(1)介護保険法の要支援2以上で、調理が困難な方

(2)障害者総合支援法の障害支援区分2以上で、調理が困難な方

 

※このほか役場地域包括支援センターから、本事業が必要と判断して申請ある場合、別途協議します。

利用料金

1食300円(月締め翌月払い)

調理業者 サンショップよしの(市街)、ふれあいインさろま(若佐)

ボランティア

ほほえみの会(宅配ボランティア)


徘徊高齢者家族支援サービス

2.子育てグッズレンタル事業

ベビーカーやチャイルドシートなどの子育てグッズを、最長2年間レンタルできる、社協の子育て支援事業です

 

  お問合せ:社会福祉協議会 ℡2-3732

  申請窓口:佐呂間町役場保健福祉課

■ レンタル品

ベビーカー / ベビーベッド / ベビーシート / ジュニアシート

チャイルドシート

■ 対象と期間

お子さんを持つ保護者で次の条件にあてはまる方

・町内に住所があり在住している方 (貸出日から2年間)

・町内に帰省や里帰り出産などで一時的に必要な方

(貸出日から1 ヶ月)

■ 申請方法

社会福祉協議会( 図書館向かい) に印鑑持参でお越しください



在宅高齢者紙おむつ支給サービス

3.在宅高齢者紙おむつ支給サービス 

介護者の労力及び経済的負担を軽減するため

年2回紙オムツを支給

   申請窓口:佐呂間町社会福祉協議会 ℡2-3732

  ※利用の可否を決定し後日連絡します

支給内容

 月に1袋を基準として、年2回支給

 テープ式、パンツ式、平オムツ、尿とりパッドの4種類

対象者

 町内に住所を有し在宅で生活する方で、要介護2以上に該当し、常時紙おむつを使用する方

対象外

 次のいずれかに該当する方は対象外となります

(1)特別養護老人ホーム及びケアハウスの入所者

(2)グループホームの入所者

(3)医療法に規定する診療所の入院者

(4)法令に定義のない福祉サービス(宅老所等)の入所者

(5)その他社会福祉協議会会長が適当でないと認めた場合

利用料金  無料

 

 

 


歳末慰問(オセチ料理配布)

4.歳末慰問(オセチ料理配布)

終日介護が必要な方や重度の障がい者世帯に対し、年末にオセチ料理をお届けします

   申請窓口:佐呂間町社会福祉協議会 ℡2-3732

  ※利用の可否を決定し後日連絡します

配付数

1世帯当たり1食として配付する。

※家族数が多いなど、特別な事情ある世帯は、協議の上配付数を決定

基本条件

町内の在宅居住者(ただし、町内に住所を有している者)であり、原則、町内に子どもが居住せず、年末に子ども達が来ることもなく、12月30日に必ずおせち料理の受け取りができる方。

対象者

(1)ひとり暮らしの方、障がい者の方が生計の中心を担っている世帯、

   70歳以上の高齢者と同居している世帯のうち、次のいずれかに

   該当する者

  ア 2級以上の身体障害者手帳の所持者

  イ 精神障害者保健福祉手帳の所持者

  ウ 療育手帳の所持者

(2)独居若しくは同居家族に要介護3以上の方がいる世帯

(3)栄養改善など緊急対応が必要な世帯

(4)民生児童委員が特に必要と認める世帯

対象外

生活保護法による保護を受けている者は対象から除くものとする

利用料金 無料

 

 

 


在宅福祉移送サービス

5.在宅福祉移送サービス(佐呂間町委託事業)

車イス利用者に対する町内外病院送迎、人工透析患者の通院送迎を実施

   申請窓口:佐呂間町役場保健福祉課 ℡2-1212

  ※利用可否の決定後、社会福祉協議会と利用内容の調整を行います

運行範囲

オホーツク管内とする

運行日

平日(日曜日は運行しません)

対象者

佐呂間町総合介護条例第15条第4号「外出支援サービス事業」

佐呂間町人工透析患者治療通院支援要綱

に基づき佐呂間町が対象者を決定

利用注意

車イスで移送サービスを利用する場合は、家族等の付添を原則とする

利用料金

無料